さくら (サクラ、桜、櫻) - おいらせ町の桜情報

27年度新物にんにく発送開始!! 業務用は26年度産となります。

電話でのご注文は 0120−080−229 へお願いいたします。 27/7/9
4月下旬、青森県おいらせ町にもようやく春の気配が届いてきました。
今年は春の訪れも早く、例年ゴールデンウィーク頃に満開となる桜も、今年は一足早く咲き始めました。
早速恒例のお花見バーベキュー♪バーベキューセットとお酒を持ち込み大宴会(^^♪
ここで忘れてはいけないものが・・・!そうです!焼肉といえばスタミナ源たれ!コレ青森県内では常識の焼肉のたれなのです。。バーベキューには必須のアイテムなのだ(^^)v
味のヒミツは青森県産のにんにくとりんごをタップリと使っているので、より一層お肉の味を引き立ててくれるのです!

桜満開のおいらせ町下田公園
桜満開のおいらせ町下田公園

桜七分咲きのおいらせ町下田公園
桜七分咲きのおいらせ町下田公園

桜とカワヨ牧場の羊
桜とカワヨ牧場の羊

さくら サクラ 桜 櫻

さくら (サクラ、桜、櫻) は、バラ科サクラ属の植物のうち、ウメ、モモ、アンズなどを除いた総称であり、 一般にはサクラ亜属(Subgen. Cerasus) に属するものを指す。

さくら (サクラ、桜、櫻)の概説

春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせ、とくに果実を食用とするほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用される。日本人に古くから親しまれている。 園芸品種が多く、とくに江戸末期に開発されたソメイヨシノ(染井吉野)は、明治以降、全国各地に広まり、サクラの代名詞となった。自然種としてはヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガンなど10種ほどが認められている。また、日本では固有種・交配種を含め600種以上の品種が自生している。 古代では、山に咲くヤマザクラ(山桜 P. jamasakura)や、八重咲きの桜が一般的であった。有名な吉野の桜も、ヤマザクラである。 また、日本において最も馴染み深い花であることから、一般的に国花の一つとされ(法的に定められたものではない)、明治時代以降軍隊や学校の制帽や階級章に桜を象った紋章が用いられている。現在においても警察や自衛隊などの紋章に使用されている。 ヤエザクラは、サトザクラの八重咲きの品種の総称として用いられる。 3月27日はさくらの日である(1992年(平成4年)から財団法人日本さくらの会が制定した)。

サクラ - Wikipediaから引用