八戸三社大祭

にんにくをタップリ使った焼肉のたれ[スタミナ源たれ] 激ウマな焼肉のたれです!

青森県産にんにくは粒が大きく真っ白で実が締まっているのが特徴です!

27年度新物にんにく発送開始!! 業務用は26年度産となります。

電話でのご注文は 0120−080−229 へお願いいたします。 27/7/9

八戸三社大祭-1

八戸三社大祭-2

八戸三社大祭-3

八戸三社大祭-4

八戸三社大祭-5

八戸三社大祭-6

八戸三社大祭-7

八戸三社大祭-8

八戸三社大祭-9

八戸三社大祭-10

八戸三社大祭-11

八戸三社大祭-12

八戸三社大祭-13

八戸三社大祭は青森県八戸市で行われる夏祭り

八戸三社大祭は青森県八戸市で行われる夏祭り(元々は豊作祈願の秋祭り)で、青森市のねぶたと同時期に開催される(7/31〜8/4)山車祭りです。

八戸三社大祭の歴史

約300年程前この地方に日照りが続き農作物が枯れそうなとき、法霊(ほうりょう)という山伏修験者が雨乞いの祈祷をしたところ、見事に雨が降り続き農作物が枯れずにすんだ。
そのお礼のために、神輿を新調し法霊神社から新羅(しんら)神社まで行列を組み歩き、 2日後に新羅神社から法霊神社に帰ったのが起源とされます。
明治(1721年 享保6年)に入り、新羅神社、神明宮が正式に行列に加わり三社大祭と呼ばれるようになりました。

八戸三社大祭、3つの神社

八戸三社大祭は、その名の通り3つの神社の行列が基本です。
先頭の市長に続き神明宮から始まります。その後に附祭り(山車組)が続きます。
次に祭り発祥のおがみ神社で虎舞、法霊神楽の一斉歯打ちが行列の中に入っています。
その後に附祭りが続きます。さらに新羅神社の後に附祭りが続き、最後に華屋台で締めます。

行列の長さは数kmに及び、全部見るまで2時間程掛かります。
神社の附祭りとして、山車が加わる様になったのは大正時代ごろで、町内の有力者が東京の方から人形を買ってきて馬車の台車に人形をのせ町内の若い者に引かせたのが始まりの様です。
その頃は、人形も一体のみが普通でした。

八戸三社大祭、山車

のちに若者の山車から町内全体の山車になり子供達に引かせる様になります。
昭和に入り山車の人形は2体、3体と増え山車も大きくなっていきます。
戦中は祭りは行われませんでしたが昭和30年代に入ると、トラックのシャーシを使う山車が現れ大きさは増していきます。
山車の題材も歴史の名場面、歌舞伎、伝説、おとぎ話など多様化して、城(建物)山車、岩山車、波山車という3種類の山車のパターンが出来上がってきます。
人形の数も増え続けます。

八戸三社大祭、山車の大型化

昭和50年代に入ると、さらに山車を大きく見せるため、前方部に左右に動く回転台を設けたり、後方部には扉の様に開く山車が登場しはじめます。
それに加えて左右の引き出しの仕掛け、手動による人形が上昇する仕掛け(ワイヤーで引くと上がる仕組み)が出てきます。
昭和60年代から平成にかけては、発電機、コンプレッサーで圧縮空気を作り上昇機構に空気圧シリンダを用い仕掛けの自動化が進みます。
骨組みの鉄骨化も進む様になります。
人形の数も20〜30体が普通になり城、岩、波山車が陰をひそめ、豪華絢爛に見える彫刻を主とした山車が主流になり現在に至ります。
この様な山車の変化(巨大化)の背景には、毎年作り直す山車(風流と呼ばれる)に加え、山車の審査が大きく影響しています。賞を取るため各町内が凌ぎを削って山車を製作するところに独特の進化を続けた八戸祭りの姿があります。